物流・配達のことならベストユニティにお任せください。
安全運転と迅速をモットーに配達しております。

ベストユニティ
HOME>事故防止の為の安全方針

事故防止の為の安全方針

①安全の確保が運送事業の基本であり、最重要課題である事を認識し、全社員が同じ認識のもと、徹底に努める。

②安全の確保に大切な基本動作の実行、確認の励行、及び連絡の徹底に努める。

③安全の確保の為に全社員が一丸となって協力する。

④運輸安全マネジメントに基づき、計画・実施・チェック・改善のサイクルを実施し、絶えず輸送の安全性の向上に努める。

社内への周知方法

①事務所内、駐車場への安全方針の掲示

②点呼・ミーティングにおいて、冒頭での唱和の励行

③社内教育での周知、指導

④親睦会での社長訓示

安全方針に基づく目標

①自動車事故報告規則第2条に規定する重大事故

目標 0件  (前年度 0件)

②上記に該当しない交通事故(過失発生に限る)

目標 0件 (前年度 11件)

③補償が発生した納品時の事故

目標 0件  (前年度 5件)

④補償が発生した商品事故

目標 0件 (前年度 11件)

目標達成の為の計画

①輸送の安全に関する安全方針を各所に掲示 (4月実施)

②運輸安全マネジメントの概要・安全方針・目標・計画・関係法令の周知 (4月実施)

③②について、前年度の実施状況の検証 (4月実施)

④輸送の安全に関する社内情報の伝達 (随時実施)

⑤ミーティングでの交通安全教育 (月1回実施)

⑥運転記録証明書の取得による交通違反の把握と指導(4月及び入社時に実施)

⑦ヒヤリ・ハット情報の収集、分析と情報のフィードバック(夏・冬 各1回実施)

⑧デジタルタコグラフの運転評価点数により、安全運転・省燃費運転の指導 (随時実施)

安全に関する情報交換方法

①経営会議、ミーティング、点呼時、業務連絡を通じ行う。

安全に関する反省事項   (平成22年度)

①1月中旬に、2日間で3回の事故が発生し安全確認、安全運転の意識向上の指導が不十分であったと言わざるを得ない。

反省事項に対する改善方法

①事故が発生したら、迅速に発生状況を把握・原因究明をし、全社員に周知徹底を図る。

安全に関する目標達成状況    (平成23年8月現在)

①自動車事故報告規則第2条に規定する重大事故

目標 0件 現在 0件

②上記に該当しない交通事故(過失発生に限る)

目標 0件 現在 4件(いずれも物損)

③補償が発生した納品時の事故

目標 0件 現在 3件

④補償が発生した商品事故

目標 0件 現在 9件

事故に関する情報

①交通事故

主な原因は安全確認の怠りによるもの。動作の前に先ず安全確認を徹底させる。

②納品時の事故

気のゆるみによる事故が多い。納品前には必ず一呼吸置いて、注意点を確認してから納品する。

リクルート
グループカンパニー
運輸安全マネジメント
お問い合わせ
安全性優良事業所
ベストユニティ
pagetop